生活で日本から持って行くと良いモノ

      2016/04/01




 

更新しました!以前はこのページは準備中でした。

いや~怠けてしまった!><

今回はフィリピンで持って行くとものを3つだけ書きたいと思います。

どこのサイトでも大体同じものがあげられますよね(笑い)

僕が行った場所は前回の記事こちらをふまえて書きます。

 

まず最初に行っておきますが。セブのアヤラモールやSMモールになんでもそろっています。

だから、スーツケースをパンパンにしていかなくても良いかと思います。アヤラモール

僕の住まいからジプニーで7ペソで行けます。悪い話しをよく聞くのでタクシーで行っています50~70ペソで行けます。

インターンもあったので毎日タクシー2回×3か月。おそらく当時留学生で僕が一番タクシーを利用してたと思います。

是非読んでいただきたい記事がタクシーの乗り方その②

 

話がそれてしまいました!

それでは持って行くべきものです。

 

1つ目は

 

check ハンカチ

 

または小さなタオル。

理由は排気ガスで空気が良くないから。

渋滞セブは場所によりますが渋滞するほど車が多かったです、しかも車種が古くディーゼル。

先ほどジプニーを使わない理由の一つとして排気ガスがひどいからです。後ろの方に座るとはジプニー自体の排気ガスを吸ってしまいます。

 

 

渋滞には物売りがいますがその人たちは口にタオルを巻きながらモノを売るほどです。

因みにジプニーとはこういうのです。(グーグル検索画像で引用)

ジプニー

 

 




 

 

 

全ての街、道がそうということではありません。ですから出し入れできるハンカチや小さなタオルがお勧めです。

日本に売られているような白いマスクはありませんでした。

 

黒いのはありましたがフィリピン人はだれもしてません。

目立つのでやめたほうがよいでしょう。目立つと標的になる要因になります。(日本人=金持ってる)

僕はセブで引ったくりと荷物の引っ張り合いになりますた(´・ω・`)

捕られませんでしたが(´;ω;`)

 

それに語学学校の先生が仰っていたのですがマスクをつけない理由として、

フィリピンのような熱い地域でマスクをすると口周りが汗などで不衛生になるからだということです。

 

二つ目!!

check my おはし

chopsticksです!

chop

stick

 

 

 

 

お箸の文化がありません。ローカルレストランではフォークとスプーンです。

汚れが落ちてないときがあります。僕が利用してたところでは熱いお湯に突っ込んであるものを

取るというう感じでした。「あっつー!!」って数回なりましたがw

 

現地の語学学校の先生もっていくよと言ってました。(個人による)

衛生的にも自分のお箸がいいよねって言ってましたね~。
ラスト~

 

check 洗濯ばさみ

こういうの↓↓

洗濯バサミ

これではない↓

ランドリーで洗ってもらい乾燥して畳んで返してもらえますが

女性の方やちょっとしたものを部屋で洗う時があるかと思います。

そういう時に約たちます。

現地でかえたかなぁ。。。アヤラモールに売っていそう。

 

以上!!!

ブログランキング参加してます。良ければポチットしてください↓

人気ブログランキングへ

 

 - フィリピン(セブ), 日常(比), 留学