300円以下で食べられるセブのローカルレストランのメニュー

   


ローカルレストランとは

 

僕の印象では現地の人が作る現地の味付けで食事をする共同スペースって感じですw

屋内ではあるが解放されたスペースでテーブルもキャンプで使うような軽いテーブル。

 

容器に入れられた実際に調理済みのものを選らんでもらいます。

待ち時間が少なくて済みます。

 

種類が多くて良い。

基本フィリピン料理はオイリー(油っぽい)。

 

見た目はシンプルだが味付けはおいしい。goodです。

 

場所

宿泊場所から徒歩4分でした。

 

行くまでに以前紹介した

セブンイレブン、ランドリー、ピザリパブリック,イナサルの前を通過します。

このローカルレストランの前にはシェーク屋さんがあります。

詳しくはここに書いたので見てください。

 

access_info

 

 

ローカルレストランの利用のメリット

 


 

フィリピンの味付けが味わえる。

 

素材など「へ~こんなの使ってるんだー」とか「切り方おおざっぱだなw」

 

など色んな面で楽しめると思います。

 

一食あたりの食費は

 

その前に画像を上げておきましょう。

 

local_menu

 

緑のお盆の肉入りスープ30ペソ

肉類 40ペソ

ライス10ペソ

赤いお盆の左手前 煮物(鶏肉をカレーで煮込んである)20ペソ

 


 

大体、小さいローカルレストランは値段に関してはこんな感じです。

おかず3つ、ライス1つだと。

20ペソ×3+10ペソ=70ペソ

100ペソ以内で食べられます。

僕はいつも20or30ペソの煮物2つとライスで70ペソで済ませてました。

 

当時1ペソ=3.7円 だったので一食約260円でした。

 
自分なりに頑張りますた!よければポチットしてください。
モチべ―ションが上がりますw

人気ブログランキングへ

 - フィリピン(セブ), 日常(比), 留学