タスマニア北部(Launceston)のファームに来た!

      2016/09/05


Launcestonとは

 

タスマニアはチェリーピッキングで有名。

南部のホバートはタスマニアで一番栄えていると聞く。

Launceston(ローンセストン)は2番目に栄えているらしい。

 

 

仕事内容

 

僕はそこに来てリンゴの木のプルーニングをしている。

歩合制である。稼げるのか?

 

Noである。自分はAyrのピッキングで腰を痛めたため騙されるつもりで

あの日豪プレスの投稿でホステルに行った。

アップルの木のtreeは一本2ドル~ との事だが当初一本1ドル。

 

数日後のは1.5ドル。でかくて一杯切る必要があり時間がかかるのは$2.5。
でかくて一杯切る必要があり時間がかかるのは$4.5。

だが二人でやるのでその半額(一人$2.25)である。。。。

デカイ梨の木二人作業: 60×4.5÷2=$135

 

僕がゆっくり普通にやって一日65本程度。

他の人はでかいハサミを自分で買い自分の1.5倍速い

65×1.5=97.5本

 

 


 

まぁ稼げない(笑)

しかし、週4日出勤するとセカンドビザの日数がカウント7日である。

皆セカンドの日数に達すると出ていく。

 

仕事の辛い点

 

指が可笑しくなる。

突き指して腫れて曲げれなくなったときのように。

皆同じ現象が起きている。

 

手が無意識にピクピク痙攣し出す人もいた。

 

使いすぎて筋肉が炎症しているのだろうか。。。

手袋は必須

 

 

今後の仕事は・・・?

 

今年はプルーニングは8月末までで次の仕事は何になるか解らない。

色んな事が噂されている。


 

 

・枝をワイヤーに結ぶ?

・マッシュルームのピッキング?

・別のファームで仕事?

 

斡旋してるホステル名

 

SJホステル。

韓国人オーナーが経営していてスタッフも韓国人。

若い男性1人である。

 

滞在してる人の国籍は

日本人

台湾人

中国人

韓国人

9割アジア人である。

 

フレンドリーで1つのクラスみたいな雰囲気である。

寒いので暖かいコモンスペースに皆集まる。

 

ホステルの環境

 

週$140(8人部屋は$130だったかな。。)

2人部屋、4人部屋、8人部屋がある。

ボンド200。

 

支払いは2週間毎。

wifiは無料。(アンリミテッドでないのでダウンロードはしないようにとのこと)

 

部屋に暖房あり。時間で管理されている。

布団と枕は$10で借りられる。

来るべきか否か

 

資金に余裕がありセカンド目的ならお勧め。

2016年8月4日現在。知る限り5人は抜ける。

 

出ていく人が多いので仕事にありつけると思う。

SJホステルに問い合わせるといいだろう。

 

追記:週5でいくら稼げたか

 


 

仕事を始めて一週間たった。

最初の給料は2週間後であるので分からない。

しかし、予想で計算すると下記。

225本 × $1.5 = $337.5

53本 × $2.5(大きい木)÷2(二人で作業) =$66.25
レートがかわりました!!
53本 × $4.5(大きい木)÷2(二人で作業)=119.25

$337.5 +$119.25 = $456.75

一週間でたったの$456.75 。。。。。

泣きたい。

 

 - オーストラリア, 仕事