アップルファーム(2)

      2016/08/19


はじめに

 

前回アップルファーム(タスマニア北部Launceston)について書いた。

そこではプルーニングに関して書いた。

 

記事はこちら(歩合のレートと予想給料を記載)。そして道具についてはこちら(プルーニングについて)

今回は上記の記事のプルーニング後の仕事内容を紹介したい。

 

プルーニングの後の仕事は?

 

テープと紐で枝をワイヤーに結ぶ作業である。

アップルの木は上に伸びる。それをしなるよう曲げる。


 

写真を載せておこう。

まずは一つ目テープでとめたモノ。

IMG_20160817_071531 IMG_20160817_071542

 

 

うん。見ての通りである。

枝がワイヤーに届かないときは紐で輪を作り枝に通し下記の写真のようにする。

IMG_20160817_071542

 

 

どれぐらい稼げるか?

 

皆が気になるところだろう。


一本たったの50C。

50セントである。

重要なこと2回言った!(キリッ

 

1人1日150本ぐらいである。

そう日給約$75ドル。。。。。

 

しかも今2人1組で1本70セント。

今日(2016年8/18)ペアでやって150本ぐらい。

一人35セント*150=約$52。。。。

 

勿論倍ぐらい早いグループもある(日本人女性)。

それでもたかが一日約$105。

 

以前のファームで5時間働けば軽く超える金額である。

 

FBグループに同じファームの方が居るのであまり悪く言えながファームである。

まぁ表現の自由だから気にしない。

 

よろしければ押してください!w↓

人気ブログランキングへ

 

 - オーストラリア, 仕事