日豪の投稿ってどうなの?

   


 

騙される覚悟で日豪の掲示板の投稿の所に行った事がある。

言うまでもないが決して日豪が悪いサイトという訳ではないし

 

全ての投稿がこれから言う事だということでもない。

ただ信憑性のない残念な投稿がされている事もある。

 

QLDのピッキングで腰を痛めたので立ち仕事がしたくて、とにかくいち早く

別の仕事がしたいと思い利用するにいたった。

 

解ったこと、気付いたことを書きたい。

まず、

 

「投稿者=募集先(現場)」は成り立たない。

 

投稿者はシドニーのオフィスで現場はダーウィンとか。

この場合は避けた方が無難だと思う。

投稿者は現場のことなど

 

知らないのだから。

支店があるにしろ伝言ゲームをしていて

その最終形が投稿されているのかもしれない。

 

行ってみたら給料が違ったとかもあるだろう。

 

自分の場合

僕の場合も歩合のレートが違った。

それから、投稿者=ワーカーだった。

掲示板に投稿するには日本語になる。

外国人が出すには誰かに頼まなければいけない。

 

さぁ。。。誰に頼むか?

普通、現地の人やスーパーバイザー、家主など

親しい関係にある人間である。

 

紹介するのだから

信頼できる人間でないといけない。

 

僕が居たホステルは一気に人が抜ける時期があった。

寒いタスマニアでしかも冬。7月下旬から9月上旬。

ファームが多く集まる、暖かいクィーンズランドに行く人が多い中

 

タスマニアに来るワーカーなどほとんどいない。

ホステルは焦っているように思えた。

僕が抜ける時も「君がここを出る事を周りの人には言わないで」と言われたり

セカンド日数をカウントしてもらい、サインを書いてもらったフォームも

 

コモンルームに居た僕を呼び出し人気の居ないところで渡すというように

こそこそしてた。

 

このように、人が集まらない中、再び日豪プレスに募集を掛けることになったようだ。

投稿者は日本人が頼まれた。やはり、ホステルと関係が深かったワーカーが選ばれた。

 

その方が、日豪に投稿する文章を見せてくれたのだ。

「これどうですかね?人、来そうですかね?」僕はぞっとした。

なぜなら、明らかに盛っていたから。

 

ノーティス、ボンド、レントなど数値は勿論正しい数字で偽りはない。

ただ明らかに仕事がない。シーズンではない。

 

在籍してる人なかでも、

 

そろそろ仕事が終わり次のファームに移るかもしれない、

 

それがいつ始まるか

解らないとざわざわしていた状況でさえ

 

投稿には

「ハイシーズン」「忙しく人が足りない」など煽るような文言が使われていた。

その投稿を見た僕は微妙な顔をしながら

 

「う~ん。。いいんじゃない」とお世辞をいった。

そうすると文章を考えた人が言った。

 

「だってこのホステルやOOO(運営者)を助けたいの」

(しらねーよ。)

 

個人の願望、要望を満たすために、これからどれくらいの日本人のワーカー

が騙されてここに来るのんだろうな~と僕は心が痛くなった。

 

まぁ収穫物の時期やシーズンを調べずに鵜呑みにしてくる

騙されるほうも悪いか。。。と思も思う。

これも賛否両論あるだろう。

 

(でも僕はそうあってほしくない。だからブログに書く。)

 

 

話は逸れるが賛否両論と言えば

 

FBに投稿されていた「ワーホリで日本人と接するべきか否か」など

本当につまらない議論だと思う。

水掛け論。。。答えが無い。

大抵は「人次第」でまとめられてしまうし。

実際そうだと思う。

 

多くのブログで投稿される。

他にも「外国人の彼女を作るには」とかも

くだらないテーマだと思う。

結局は人次第という結論に終わるものが多い。

(こういう記事は終わりの数行しか読まない僕w)

 

最後に宿泊地を持っている現場、もしくはホステル等の仕事紹介は

警戒した方が良い。

 

なぜなら彼らは仕事紹介と言うよりも宿泊料金を取るのに必死だから。

行ってみても「soon,soon」と何回も言われるかもしれない。

 

やはり一番は友人の伝手だと思う。

もしエージェント使うなら現地のエージェントや派遣会社を使おう。

特に地方は。

 

あなたが日本で事業主なら日本人と外国人の人材派遣会社、どちらをビジネスパートナーにしますか?

勿論日本人企業ですよね?

 

そこに集まる従業員(ワーカー)は日本語が話せる可能性も高いし、

会社は文化も理解し、地域に支店があれば直接かかわりが持てる。

その逆だと考えると良いと思う。

 

僕が利用する派遣会社の人はファームに足を運んでいましたね。

スーパーバイザーと話したり肉親がファームに居たりとにかく

距離が近い。

 

僕はホステルを抜け現地の派遣会社に移って

やはり地元、オージーが運営する斡旋会社は強いと感じた。

 

日豪のマOスOージとか悪い評判もあればいい評判もある。

派遣先の現場によっては良し悪しがあるというのも聞く。

 

そんな所に行くってどうかなーって思う。

まぁ僕はたまたま友人に現地の派遣会社を教えてもらって知っただけだけど。

 

 

 - オーストラリア, 仕事, 留学