固定給ならダラダラと仕事するか?

      2016/10/22


 

オーストラリアのタスマニアで時給で働いています。

以前は歩合制だったのですが全然稼げなかったので

エージェントを替えて時給制のファームに就きました。

 

プランティグです。肉体労働なので楽ではありません。

とはいってもAYRのbig4のSiliver Linkから行ってた

 

ファームのほうが10倍はきつい。

それ以降の仕事が楽勝に感じますw

AYRの記事はこちら

 

AYR(QLD)ファーム情報 (給料、いくら稼げたか)

AYR(エアー)Silver Linkキャラバンパークの環境

 

(それからプランティグが終わり他の仕事もありました。

それ関しては後日書く予定)

 

 

本題に入ります。

仕事に対する姿勢は個性が出てきます。

 

そして僕の完全な偏見ですが国民性も出て居るのではないかなと感じました。

イタリア人カップル、ドイツ人、イギリス人、台湾人、香港人がいました。

 

僕ら日本人は黙々とやっていてスピードが速かったのですが

ヨーロピアンは一生懸命やるもののスピードがあまり早くなかったですね。。。。

台湾人はプライベートでも常に一緒で仕事も

固まって行っていました。

 

まぁ僕からすると、他の人はとにかくダラダラしてスピードが遅い!

ボスも「こうすると早い。いろいろ試行錯誤してみて」と口にするぐらいでした。

 

気づけば、僕ら日本人他の人2倍の仕事量をしているのに気付きました。

その時思ったのです。

「こんなにやらなくても他の人と給料と同じだよな。。。しかも土地の面積見ると

早く終わってwaitingに入ってしまうかも。」

 

ファームの状況を確認する重要性は以前書きました!


ファームを去る前に

 

結論から言うとプランティングが終わり

仕事内容が変わりました。

 

しかし、スーパーバイザー達はちゃんと見てくれてました。

プランティング期間の中で20人ぐらい居た中で数人に

「土曜日来れるか?」と声を掛けていたのです。

 

自分もその中の一人です。どうやら、早い人に声を掛けていた感じです。

仕事内容も替り、人数が減らされている中やはり仕事が早い人や

気配りができる人が残っていました。

 

ぼくは真面目な日本人の先輩と作業を組んでました。

恐らくどの作業も一番早かったし丁寧だったと思います。

 

その結果から皆が早く帰らされたりする中、自分たち2人だけ

水をまくホースのコネクターづくりの仕事をもらえたり

皆がwaitingする中、呼ばれたりしました。

 

勿論2人で組んで扱いやすい。車があると言う事。

いろんな要素が絡んでいるとも思いますけど。

 

急いだらすぐに仕事が終わってしまいますが

(とは言っても二人が急いでも2日分ぐらいしか変わらないと思います)

 

結果的にプラスアルファー働ける機会を貰いました。

これを他の人の立場で考えると「仕事を奪われた」って感じですよねw

早く終わらされて、かつこいつらだけ仕事貰っているって思われてるかも。

 

話は戻りますが、ボスがいて、さらに上の立場の人が来る時がありました。

ビックボスと呼ばれてました。

 

恐らく経営者とオーナーが分かれていて、そのオーナーが来たと思われます。

朝、軽い連絡事項を聴くときには「今日はビックボスが来る」

 

・する事が無くても忙しいように振る舞え。

・くわにもたれないように。

・ぺちゃくちゃしゃべりながらやらないように。

・どこのファームでもにカップルとかは二人でダラダラする傾向があるから注意

・いつもより機敏に動くこと。

などカツを入れられました。

 

皆 Yeah!とか言ってたけど

結果皆変わらずでしたねwww

 

少人数で言葉が通じるなら

以前のアップルファームの様に

 

仕事が無くなりそうだから

「ゆっくりやろー?」「うん。そうだねー!^^」

 

て感じでやるのですけどね。。。。

以前のファーム

アップルファームの事は下記になります。

 

1 タスマニア北部のファームに来た!

2 アップルファーム(2

3 アップルファームを去る前に

4 アップルファーム(4)ワイヤー張り

5 アップルファーム(5)杭打ち

6 アップルファーム(6)削り

まぁ今回はこういう事がありましたよーって言う記事ですた。

ちゃんと見られてるのです。

 

 - オーストラリア, 仕事