ファームジョブで所持しとくと良いもの

   


セカンドビザ申請可能日数まであと4日。
84日ファームジョブをしてきた。

現場は転々としてきた。
色んなファームがあった。

現場に行き
トイレも休憩場所も無い。

クィーンズランドの熱い中(27度~30度)
日陰は車の中だけ。泥まみれの中手も洗うところが無く
昼食もとった。

逆に冷蔵庫やトースターもある所もあった。

振り返って持っていくべきものを書きとめておく。

 

濡らしたタオルまたは余分の手洗い用の水

 

理由は上記のとおり。

砂はあらゆる菌を持っている。

結構怖い。シッカリ手を綺麗にして昼食をとろう。

 

最近ノーベル賞を取得した大村智氏さんは砂の菌から

失明危機救う抗寄生虫薬のイベルメクチン発見した。

 

彼はあらゆる場所の砂を拾いまくり菌を調査してた。

それぐらい多種多様の菌がいると言うこと。。。

 

それから

軍手

 

「ちょっといい?」と呼び出され

何かを運ばされる時がある。

その他力仕事もろもろ。

 

プランティングなどゴム手袋を使う作業はファームから提供されるだろう。

皆余分に持っていく。それでも破れる時がある。

 

軍手ぐらい邪魔にならないだろう。ポケットに忍ばせておこう。

 

そしてもう一つ

 

折りたたみ携帯ナイフ

 

これに関しては2人ぐらいから

「you need to buy knife

と言われたぐらいだ。

 

僕の場合、ホースをつなぐ作業でファームのハサミがうまく

機能しなかったり、切り口がどうも変になってしまうときがあった。

 

またシェッドなどプラスティックの紐をほどくときに必要だった。

現地のオージーは色んな道具を携帯してて「さっと」出してた。

ナイフに関しては先輩も持ってた。

 

 - オーストラリア, 仕事, 留学