タスマニアのストロベリーファーム

   


 

タスマニアで暮らしている。11月中旬になった。

チェリーピッキングシーズン前。
イチゴのシーズンに入っているように感じる。

 

10月上旬から中旬に別のファームにアプライしに行ったが11月からだと言われた。

まさにその通りである。僕先日過去の記事とは違う別のイチゴファームで働くことになった。

 

親会社が同じらしい。これで実際に働いたストロベリーファームは2か所。

アプライ場所を含め3か所。

 

 

 

そこで共通点に気がついた。この記事で書きたい事がまさにそれである。

ストロベリーファームと言えば、カブルチャーやバンダバーグという

イメージが強かった。正直あまり良い事は聞かない。。。。

 

しかし、タスマニアのストロベリーファーム3か所訪れて思ったのが

地面でにイチゴができ腰をかがむピッキングではない所も多いとのことだ。

 

僕が行ったところは3か所ともビニールハウス。

タスマニアは寒い、かつ雨が多く降る。

QLDの育て方と違うようだ。だが以前働いていたファームは

(ポッティングの記事を見てほしい。こちら

ビニールハウスと、地面で育てる2つの方法を取っていた。

 

 

アプライしに行ったところは
 



 

「うちは地面にできたイチゴではないから腰を痛めなくていいぞ」

とも言っていた。

 

 

 

僕に仕事を紹介してくれたオージーの人も

「トローリーも使わず屈んで積むところはファッキンジョブだ。」

とも言っていた。

 

現地のファーマー、仕事に精通している人はやはり仕事の辛さを分かっているなー

って感じた。

僕はAYRのSilver Linkを通じて行ったカプシカム、メロン、バターピーナッツの

ピッキングで腰を痛めたので強いピッキングに対してアレルギーを持っているw

 

 

ーーーー

woofの情報を求めています。

 

 

 

 

 

 - オーストラリア, 仕事, 留学