はじめてラズベリーピッキングに挑戦した。

   


 

前回イチゴのピッキングについて書いた。

そこと同じファーム。

ストロベリーとラズベリーを扱っている。

 

イチゴに関しての記事はこちら2つリンクを貼っておく。

ラズベリーのピッキングを一週間前から始めて

思った事と感想を書こうかな。(2016/11/30現在)

 

でも初めに僕のファームのピッキングがなぜ時給なのかが分かったので

書きたいと思う。ただ今居る所は前回の記事でpottingやplanting

をしていた場所とは違う。移動させられた2つ目のイチゴファームだ。

 

ポッティングとは何かはこちら

 

話を戻そう、今居る2つ目のファームが時給な理由は一言でいうと

恐らくtesting farmだからだと思う。

ストロベリーの成長とその収穫量を記録する必要があるのだ。

 

ストロベリーのピッキング時に付箋紙とペンでストロベリーの種類、植えた時期、

何メートル間隔で並べた等書いてイチゴと入れる必要があった。

 

パッキングもやるのだけれど、良い物と悪いものを分け、ダメな理由と量を測る。

ピッキング時も良く吟味して取る。そういった質を求めるし、ピッキングする量も

少ないので時給なのであろう。

 

さて、ここからは標題のラズベリーに関して。

ラズベリーのピッキングも丁寧に取らなければならなかった。

 

写真を載せておこう。皆が一所懸命やっている中、

このブログの為にスーパーバイーザーに警戒しながらこっそり写真を撮ったのだ!

 

写真のように赤い実の部分だけ取る。

img_20161130_084557

 

成熟度やラズベリーの種類によって「スポッ」と抜けるものと

抜けないものがある。

 

うまく抜ぬけると気持ちぃ///

 

だがしかし!!2つ以上粒が取れたらラビッシュ(ゴミ)

である。ゴミでもどれだけゴミが出たか計らなければいけない。

でもゴミ扱いになった物を少し味見するワーカー達。

甘酸っぱくておいしぃ赤い実w

 

緑色から赤に変わる。赤い果実の部分を引っ張って取ると

写真の上の方にある白い芯だけが残る。

「ラズベリーってこうなってるんだ!」とちょっと驚いたw

 

img_20161130_084720

ラズベリーは思ったよりもろい。。。

優しく扱ってあげないと駄目である!

左がラビッシュ。右が良いもの。ピッキング時に代の上にある

プラシチックのパックに分けて入れる。

 

台とラズベリーの木はこちら↓↓

img_20161130_085920

ビニールハウス。熱がこもって暑い。

180cmぐらいある苗もあれば

140cmぐらいと成長途中の低いものもあった。

 

外から見える部分だけでなく内部に実ができるので

かき分けて探す必要があった。

左上の黄色のプレートは、種類とが記載されている。

 

ここの文字を段ボールに記入しないといけない。

 

僕のファームは少し特殊かもしれないが

自分のやったラズベリーピッキングはこんな感じだった。

bye~☆

ーーーーー

yahoo

1ドル=84.4848485

 

 

 - オーストラリア, 仕事, 留学